髪のお手入れ

髪のお手入れ

透明感のある髪はアッシュで。

髪を染めたいなぁと思って最寄りのドラッグストアでヘアカラー剤を選んで買ったりしても、仕上がりの髪色が「こんなイメージじゃない…」なんてことはありませんか?特にアッシュやマットなど赤みのないカラーは特にお困りですよね。アッシュカラーのメリットは色素が薄そうな色を表現できるので、透明感のあるふわっと柔らかい髪を目指せます。日本人は赤い色素が多い方が多いので正反対の青み緑みに強くあこがれを持つ傾向がありますね。アッシュは青みのある灰色のことです。青みは表現するのがすごく難しい色素で、一度色素を抜いてからカラーを重ねるととてもきれいに入ります。ですが、市販のカラー剤は脱色と染毛を同時に行うだけでなく、どんな髪質の方にもどんな色の方にも対応できるように広く浅くの効果しか求められません。もしも、きれいに赤みのないカラーを目指したいと感じているならば繰り返しアッシュを入れ続けると色素がそっちに偏り始めます。市販のカラー剤でも美容室でも一度お試しください。

アッシュ系カラーの髪に与える影響

髪のカラーリングで使用するアッシュカラーは元々は灰色という意味ですが現在ではブルーベースの淡い色を指します。単独でも他のカラーに足す事も可能ですが、髪にアッシュカラーを入れると赤みや黄色みを抑えることができるので適度に落ち着いた色に抑える事が出来るので顔なじみがよくなり、毛の質自体を健康的に見せる事ができます。さらに秋冬系のファッションにもあわせやすいトーンにでき、髪の色との対比で肌の透明感が増して見えることが利点です。年代問わず似合うアッシュ系のカラーは一緒に使用する色によって外国人風にもあか抜けた感じにもでき、配合の比率によって雰囲気はかなりかわりますが、美容室では定番のニュアンスをプラスする補色として人気があります。ショートはもちろん、重くなりがちなロングヘアーでもマットで柔らかみのある仕上がりになるのが特徴ですが比較的色落ちははやいので美しい色をキープするためには定期的なリタッチが必要です。

check

ベビー向けプレイマット

2017/6/23 更新